講演のご依頼

越高一夫 

JPIC読書アドバイザー、JA家の光絵本の読みきかせ講師として、全国各地で公演を行う。

えほん大好きマガジン季刊「この本 読んで!」にて寺子屋ブックトークを連載中。

著書に「心をつなぐ読みきかせ絵本100」「続・心をつなぐ読みきかせ絵本100」(いずれも平凡社刊)、「ひと目でわかるブックトーク」(NPO読書サポート刊)がある。

 

*くわしい活動、過去の講演についてはこちら

越高令子

1996年より県立こども病院のプレイルームや病棟でのおはなし会をコーディネートする。

1997年から10年間、松商短期大学 司書講習の「児童サービス論」の非常勤講師を務める。

2010年に本と子どもの発達を考える会設立。「支援を必要とする子どものための本」展などを企画。

長野県内の公共図書館に外国語の絵本コーナーを設置。選書・講座を行う。

松本の地方紙・市民タイムスで長年にわたり、絵本紹介記事を連載した。

信濃毎日新聞にて、2014年1月~2015年3月まで月1回第4木曜日に「虹のブランコ」(こちらから読んでいただけます)を連載。

 

*くわしい活動、過去の講演についてはこちら

越高一夫、越高令子への講演のご依頼について

① まず、お電話にてご連絡をお願いいたします。

② 正式なお申し込みは、講演依頼の申し込み用紙をプリントアウトしていただき、詳細についてご記入の上 

ちいさいおうち書店

(FAX 0263-36-5096)

にてお申し込みください。

※お申し込みの際はお手数ですが、お電話でもご確認くださいますようお願いたします。

 

講演依頼申し込み書の

ダウンロードはこちら

 

ちいさいおうち書店 講演依頼書
ちいさいおうち書店 越高一夫、越高令子への講演依頼の申し込み書です。
講演申し込み.pdf
PDFファイル 126.3 KB